本文へスキップ

優秀なバレエ教室の探し方をこっそりと教えてあげましょう。

バレエ教室の下調べ

見学と体験レッスン

子供がやる気になるバレエ教室選び/見学と体験レッスン

候補に挙がったバレエ教室を調べるのも最終段階になってきたら、レッスン風景 を見学したり体験レッスンを受けてみましょう。 噂話を集めたりパンフレットを読んでみたりウェブサイトを隈なく読んでも、 実際に生のレッスンを観察しなければわからないことも多いからです。 それに一番信頼できる情報は自分の目で確かめることなので、最後の判断をする 前にやらなければならないことでもあります。 通学可能な範囲のスクール全てを見学するのはたいへんなので、いくつか絞るため これまでの調査も必要ですがそれで終わらせて入学手続きを進めるのはいけません。 クチコミ情報の中には自分に非があるのに感情的になって中傷しようとする意図 が込められていたり、不自然なほど賞賛しているものもあり手放しで信用するのは ちょっと危険かもしれません。 そうした意見は参考程度にして、最終チェックは信頼できる自分の目で、これが 鉄則なのは学習塾やスイミングスクールにも共通して言えることです。


見学でチェック

これから初めてバレエ教室に通う生徒さんは、最初に見学をしてそれから体験 レッスンを受けてみましょう。 初心者だとどんな授業内容か全く分からないでしょうから、いきなり体験レッスン を受けても舞いあがってしまい冷静に体験できないからです。 とりあえずコーチや生徒の姿を見て、教室の雰囲気を肌で感じ取ることから開始 しなければ公正に判断できません。 遠くから観察しながらレッスンの雰囲気を味わってそこに慣れることが第一歩、 第二歩はこのあとに続きます。注目すべき点は生徒とコーチの表情で、みんな 楽しそうにやっているか、やる気をもって取り組んでいるか、走って逃げ出す 生徒はいないか、指導されている生徒はコーチに怯えていないかといったことを チェックしましょう。 プロのバレリーナを目指すのなら厳しい特訓も歓迎ですが、生徒がそれについて これないようではコーチのやり方に疑問があります。 お互い信頼関係が築けているか、これが重要です。


体験レッスン

レッスン風景を見学しておよそのことを把握できたら、いよいよ実際にレッスン を受けてみてもよい頃合です。 無料で体験レッスンを受けられるスクールと有料のスクールがありますが、有料 でもケチらずに受けるようにしてください。 見学よりも間近で指導者や生徒の表情を観察できるチャンスなので、本気で教室 選びをするのならこの程度の出費は安いものです。 初心者の生徒にどう教えるか、これも見所で最初のレッスンで生徒の気持ちを掴む ことが出来るコーチなら有能な指導者と言ってもよいでしょう。 レオタードの着こなし方から指導するのか、バレエシューズの履き方をチェック してくれるか、素人の生徒を相手にどう振舞うかでその生徒のバレエ人生が大きく 変わります。 バレエの魅力を伝えるのが上手なコーチなら、生徒のやる気をうまく引き出して 楽しくレッスンしながら上達させてくれるでしょう。 逆にコーチとして相応しくない人格だと、生徒もバレエが嫌いになってしまう ことがあります。